ISO22000取得のコツ【取得で仕事の幅がひろがるぅ~】

女性

自分の作品を守る

システムイメージ

近年になって不正なアクセスが増えることでサーバーを攻撃されている人が増えています。その理由としては、不正アクセスする人達の技術が上がってきている傾向があるからです。その不正アクセスからサーバーを守るために必要なのがファイアーウォールになります。ファイアーウォールにも何種類かありますが、その中でも注目されているのが、WAFになります。WAFは、不正アクセスのからの侵入と攻撃をブロックしてくれる役割りを持っています。WAFを導入したほうがよいと考えられている人は、WEB上でアプリケーションの作業を展開している人達になります。通常のファイアーウォールでは、アプリケーションからの侵入と攻撃に対応する機能を持っていません。ですから、自分のサイトやアプリをまもるには、WAFを導入したほうが良いでしょう。

WAFを導入していないサーバーは、Webサイトが攻撃を受けるだけでなく、不正操作や情報を削除される可能性まで出てきます。一般的に独自のサーバーを守るには3つセキュリティが必要となってきます。通常のファイアーウォール、IPS、WAFになります。これらには、外部からの攻撃を防ぐ役割りを持っていますが、これら3つの打ち1つでも欠けているとサーバーを守ることができないと考えられています。WAFはアプリケーションを行なっている企業が導入したほうが良いのですが、導入していないとアプリケーションにウイルスを入れられてしまいアプリを使用している人が感染してしまう可能性が高くなるので、導入されていない人は検討してみましょう。